くら・らぼ☆新しい仲間⁈

6月後半に近づくころ、やっと『梅雨入り』しましたね。
子ども達は雨降ると外に遊びに行けなくなるから嫌いなのかな?と思っていました。
聞いてみると、、、

「晴れより雨が好き!!」

なんと、大半の子ども達が雨が好きと答えました(笑)
何で好きなのか聞いてみると、
「水溜りができるから」「長靴を履けるから」など
大人たちには気付かなかった発見を楽しんでいるようでした。



★ジャンケン列車★

年長さんは、雨の止んだ時間に公園に行きました。
始める前にルールをしっかり聞き理解して、遊びに入ります。
遊びの中でお友だちに「ジャンケンしよう」と声かけをする子ども達の姿が見られ、
かっこよく見えました☆
最後まで勝ったお友だちを先頭に列車が出発しまーす(^▽^)/


年中・年少さんは、天気のいい日にサツマイモ植えをしました。
のどかのおじいちゃんやおばあちゃん、地域のみなさん達と
一緒に教えてもらいながら頑張りました!
サツマイモといえば、、、
みなさんは『さつまのおいも』という絵本を知っていますか?
くら・らぼの子ども達は、この絵本がおもしろくて大好きです(*^-^*)
どこかで見つけたら是非一度、見てください!!



★新しい仲間★

くら・らぼの新しい仲間『カブトムシ』です。
実は、幼虫の時から子ども達とお世話をしていました。
夏に近づいてきたこの頃、18匹ほどいる幼虫たちが土から変身した姿で顔を出してきました☆彡
子ども達は、興味深々で朝から「カブトムシ見る」と嬉しそうに来園してきます。
怖いけど触ってみたいと思う子ども達も勇気を振り絞り、ツンと触れると目を輝かせ「触れたよ」と教えてくれます(^O^)


他にも生き物コーナーには、『メダカ』『ザリガニ』新しく『ドンコ』などがいます。
地域の方々が、捕まえてきてくれたりなど自然に触れさせて頂く機会が多く、
子ども達も嬉しそうです。
今は、カブトムシを触ってみたりと生き物に触れながら力加減や命の大切さを学んでいます。
今後も大切に子ども達と育てていきたいと思います(^▽^)/